ひざサポートコラーゲンを使用する人としない人の差

これで解決!ひざサポートコラーゲン

ひざサポートコラーゲンを使用する人としない人では、どのような違いが出るのかを比較してみましょう。

ひざサポートコラーゲンを使用する人としない人の差

ひざサポートコラーゲンを使用する人と、使用しない人ではどのような違いが出るかを見てみましょう。

・ひざサポートコラーゲンの臨床試験

ひざサポートコラーゲンは、機能性表示食品です。

これは商品を製造している業者が、臨床試験を行いその結果に基づき効果がある事を確認し、消費者庁に届出をするものです。

ひざサポートコラーゲンの臨床試験は、膝関節に痛みがあるが治療を受けていない、または治療をするまでではない人を対象に、2つのグループに分け16週間臨床試験を行っています。

1つのグループにはひざサポートコラーゲンを飲んでもらい、もう1つのグループにはプラセボといって有効成分を含まない粉末を使います。

16週間後には、ひざサポートコラーゲンを使ったグループに、膝の曲げ伸ばしが改善する傾向が見られますが、プラセボグループにはそれがほとんど見られなかったという結果が出ています。

・取り入れる事のメリット

多少個人差はありますが、ひざサポートコラーゲンを取り入れた事で、きちんと結果として出ているので、試してみる価値はあります。

特にまだ痛みが出ていない人でも、膝関節に必要な軟骨成分を補う事ができれば、この先におこるであろう膝痛の予防効果が期待できるなどメリットはあります。

・まとめ

ひざサポートコラーゲンは飲み物に混ぜて飲むだけでいいから、続けやすく手軽なのもメリットです。

即効性は期待出来ませんが、続ける事で少しずつ膝への効果が期待できます。

おすすめアイテム

Yahoo! JAPAN