ひざサポートコラーゲンの摂取による軟骨成分の変化量

これで解決!ひざサポートコラーゲン

ひざサポートコラーゲンに含まれる、軟骨成分とは?どのように作用するのかを見ていきましょう。

ひざサポートコラーゲンの摂取による軟骨成分の変化量

ひざサポートコラーゲンには軟骨成分を配合していますが、取り入れるとどのくらい量が増えるのでしょうか?

・軟骨成分の重要性

膝には膝の骨や関節を支える軟骨があります。

軟骨は骨同士がぶつからないようクッションのような役目をしていますが、軟骨に欠かせないコラーゲンは年齢とともに体内で生成される量が減っていきます。

20歳をピークとした時、50歳ではコラーゲンの生成量は半分に減っています。

コラーゲンは軟骨成分として以外にも、肌や粘膜、血管の健康維持に欠かせないものですから、圧倒的に量が不足してしまいます。

軟骨成分が不足すると、膝を動かすたびに軟骨は減りやがてクッションがなくなってしまいます。

こうなると骨同士がぶつかり合うので、炎症を起こし膝の違和感や膝痛という症状を引き起こしてしまうのです。

・ひざサポートコラーゲンの軟骨成分

コラーゲンは体内でも生成されていますが、年々量が減少していくので、食事やサプリメントから補う必要があります。

コラーゲンというと美容目的で取り入れる成分というイメージですが、膝やその他の関節にも必要になります。

こういう時に便利なのが、ひざサポートコラーゲンです。

膝の曲げ伸ばしをサポートする効果が臨床試験で実証されているから、安心して取り入れられます。

・まとめ

ひざサポートコラーゲンは、コラーゲン以外にも軟骨を作るのに欠かせないヒアルロン酸とコンドロイチンを配合していますので、相乗効果で膝関節をサポートしてくれます。

おすすめアイテム

Yahoo! JAPAN